スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月測定 騎手とフリーレースのタイム

 ナド鯖45Sで3歳馬シンチェンによるタイム測定の結果から騎手とフリーレースのタイムの関係を検証してみました。

パラは下の画像を参照ください。(アビなし)
シンチェンパラ

アビがついていないのでか?分かりませんがタイムブレが、ほぼない馬です。適距離は1000-1700

 最初は、パパゴン垢で生産の為そこで出走しましたが、あまりにもタイムが速いので全相馬眼と現相馬眼をつけてみました。パパゴン時測定対象の騎手は下の画像の騎手です。
パパゴン真一
 ちょうど4週前の山のときの測定です。
 ちなみにこの時は先行馬でした。

芝1600 良 1:31.8  D1600 重 1:34.2

 1700mという事でOPで海外出走の権利は取得しましたが、プリークネスSは1800mなので、芝・D短中SSの騎手がいるパパ垢に移動させました。その時に脚質は差しに変更しました。

 さーパパ垢に移動させたら芝SSの騎手もいるし成長分入れたら結構G1でいい勝負になるか?まー騎手が変わったら0.2秒程アップするだろうと思い・・・本日下の画像の騎手で測定を行いました。
パパユキコ
???
芝1600 良 1:31.5
・・・

 成長だめだったのかな?と思い・・・下記の騎手でDを測定
パパシンイチ

D1600 重 1:33.9

 前回より両方とも0.3秒成長しているようです・・・

 フリレースの時は、騎手の芝・Dの差がなくなったのか?たまたまかも分かりませんが、結構何度も測定しましたので間違いはなかったです。

 後、重鉄から芝+重鉄に変更すると0.1秒短縮!ユキコで・・・

芝1600 良 1:31.4

 で走ってくれるようになりました。

 ちなみに、D1600重でユキコで測定した場合

D1600 重 1:34.0

 あれ・・・0.1秒遅れている・・・

 独断と偏見で納得するしかないので・・・

 芝の壁 良 1:30.5 Dの壁 重 1:33.0

 と考えると、芝+重鉄つけたからSSになったと考え両方とも-0.9秒と考えた方が納得できそう・・・

最後に海外遠征中!ストレスでタイム伸び悩んでいるといいんですけどね・・・


TOPに戻る 一つ前に戻る





COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。