スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月測定 蹄鉄と馬場適正②

対象馬は、タイム安定のシンチェンです。前回の2011年3月測定蹄鉄と馬場適正①の検証は、こちら

今回は蹄鉄とタイムの関係をもう少し掘り下げて検証したいと思います。

前走で蹄鉄が外れたので、今回は下記3つの内容で良馬場・稍重馬場・重馬場・不良馬場で測定してみました。
①蹄鉄なしで測定
②通常蹄鉄で測定
③重鉄で測定

1200mの芝・ダートのタイムで測定します。

シンチェンのパラは画像の通り
シンチェンパラ

重Dです。ダートの場合重鉄をつけると良馬場のタイムが上がると言う説の検証もかねて行います。

①蹄鉄なしの場合 良 稍重 重 不良
稍重不良
1:05.61:06.11:06.81:07.9
ダート1:10.51:09.81:09.31:10.8
※芝重は基本1:06.8で走っているが1:06.8~1:07.1でぶれる
※芝不良は基本1:07.9で走っているが1:07.9~1:08.2でぶれる

②通常蹄鉄の場合 良 稍重 重 不良
稍重不良
1:05.61:06.11:07.01:07.8
ダート1:10.41:09.81:09.31:10.7
※芝重は基本1:07.0で走っているが1:06.7~1:07.0でぶれる
※芝不良は基本1:07.8で走っているが1:07.8~1:08.1でぶれる

③重鉄の場合 良 稍重 重 不良
稍重不良
1:05.61:06.11:06.61:07.6
ダート1:10.01:09.51:09.01:10.5
※ダート重は基本1:09.0で走っているが1:09.0~1:09.3でぶれる

ほぼ満足のいく結果だが、通常蹄鉄重は1:06.7と考えてもよいと思われる。
結果以下の内容でまとめとします。

①蹄鉄なし→通常蹄鉄は100分の何秒かは短縮されていると思われる。
②馬場適性Dの馬は芝重馬場・不良馬場で0.3秒くらいのぶれが目立つ(稍重からで出しました)
③重鉄使用時ダートではすべての馬場でアップしているが良馬場で間違いなくタイムアップが見込める
④重鉄使用時重馬場・不良馬場のタイムが安定しタイムアップが見込める

TOPに戻る 一つ前に戻る

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。